令和元年の歳末に寄せて〔委員長ステートメント〕

2019年12月28日

奉仕団委員長 森田 英男

令和元年の年の瀬にあたり一言ご挨拶申し上げます。 本年は東京都隊友救護赤十字奉仕団として念願の結団を果たすことができました。奇しくも、天皇陛下の御即位の奉祝ムードに包まれた5月に結団式を開催できましたことは私ども奉仕団にとり光栄であると同時に忘れ難い門出となりました。

 この間、滞りなく活動ができましたのもひとえに日本赤十字社東京都支部ご当局はじめ地域赤十字奉仕団の皆様のご教導の賜物にほかなりません。年の瀬にあたり、深く御礼申し上げます。

 さらに、11月23日には台風19号発生に伴う被災地の復旧・復興支援を企図した募金活動を、12月7日にはNHK海外たすけあいの一環として、バングラディッシュはじめ気候変動に伴う各種の災害に苦しむ国々に募金活動を、元国際自然保護連合理事・元オランダ大使の小池寛治氏と奉仕団員一同で展開させて頂きました。これら両日の募金活動では休日しかも雨天のさなか、足を止めて私どもの募金に協賛頂きました皆様のお陰を持ちまして多くのご芳志を賜ることができました。

 結団から本日にかけての一連の活動は皆々様のご支援のお陰であり、奉仕団を代表し、心より御礼申し上げる次第です。誠にありがとうございました。明年も退職自衛官・予備自衛官等でつくる東京都隊友救護赤十字奉仕団として、できる活動を一歩ずつ地道に取り組んでいく所存です。当奉仕団にご支援賜りました皆様には引き続き、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 本年は災害続きとなりましたが、被災地の一日も早い復旧復興を祈念するとともに、明年が日本そして世界の国々、人々にとり、より輝かしい一年となりますことを願ってやみません。

  末尾になりますが、日本赤十字社ご当局・関係団体はじめ多くの皆様、防衛省自衛隊ご当局、東京都隊友会の皆様、関係自治体、そして、団員各位のご多幸とご健勝を祈念申し上げ、結びに代えさせて頂きます。

令和元年12月28日
東京都隊友救護赤十字奉仕団
委員長 森田 英男

© 2019 東京都隊友救護赤十字奉仕団
Powered by Webnode
無料でホームページを作成しよう!