緑の募金強化月間について

2022年04月15日

  Ⓒ公益社団法人国土緑化推進機構

桜の時期も過ぎ、新緑の美しい季節になって参りました。皆様には如何お過ごしでしょうか。さて、4月15日から緑の募金全国一斉キャンペーンが始まります。森林に以前もご案内したように緑の募金は緑の募金による森林整備等の推進に関する法律によって規定され、森林整備や森林環境教育、災害復興支援などに活用されており、農林水産大臣の告示に定める期間に全国で募金が展開されます。春の募金は1月15日~5月31日、秋の募金は9月1日~10月31日までの期間となっています。特に4月15日~5月14日は上記キャンペーンが展開される「緑の月間」として運動が強化されています。

本団も森林整備を支援するフォレスト・サポーターズ登録団体として参加し、奉仕団内部に緑化推進本部を設置して応援しています。この緑の募金は本団の属する赤十字事業には含まれませんが、公的な募金制度であり、また地球温暖化が進む中、森林整備は地球や人類にとって重要なテーマです。

本団も令和2年度中参加した日本赤十字社のNHK海外たすけあいが「気候変動」であったこともあり、自然保護は赤十字事業とは別個ながらも関連のある、また公益上も重要な課題であると考えております。緑の募金は全国組織としては公益社団法人国土緑化推進機構が所管されているほか、都道府県単位では都道府県知事の指定する法人がそれぞれ都道府県の緑化推進委員会を組織しています。都内は公益財団法人東京都農林水産振興財団内に東京緑化推進委員会があります。緑の募金の制度概要や使途、協力団体、寄附窓口、募金活動に関心ある方はそれぞれご参照頂ければと思います。

自然保護や森林整備に思いのある方、今まで必ずしも関心がなかったという方も含め、是非、緑の募金への参加を通じてご一緒に森林整備等に参加してみませんか。

なお、本団副委員長の杉本が公益社団法人隊友会機関紙『隊友』令和4年4月15日号に緑の募金に関する記事を寄稿しましたのでご参考までに掲示させて頂きます。

紙面は隊友会の会員の立場で、隊友会会員への緑の募金制度の紹介を企図した記事となっています。

© 2019 東京都隊友救護赤十字奉仕団
Powered by Webnode
無料でホームページを作成しよう!