「伝えよう日本の心プロジェクト」の実践に伴う「小さな親切」実行章受章について

2021年09月26日
本年9月1日、東京都隊友救護赤十字奉仕団では、小池寛治顧問(元駐オランダ特命全権大使)、森田英男委員長以下10名の団員が公益社団法人「小さな親切」運動本部 鈴木恒夫代表(元文部科学大臣)より、「小さな親切」実行章を受章しました。今回の受章は「伝えよう日本の心プロジェクト」に伴うもので、今回は海外交流や外国人の方への親切行為を対象とする、期間限定特別バッジが贈られました(写真右)。本団では結団年である令和元年度よりNHK海外たすけあいの街頭募金を2か年度にわたり実施したほか、令和2年度は日本赤十字社によるバングラデシュ南部避難民救援金、中東人道救援金という2つの海外救援金を支援しました。今回の受章者はいずれもこれら海外救援金に奉仕するのみならず個人の親切行為も加味し、受章に至りました。本団では結団以来、「隊友奉仕団SDGsアクション」を掲げ活動し、その中では国際平和協力に関する活動項目も含まれています。今後ともこの受章を一つの励み、契機としつつ、国際平和協力、海外救援のための活動を展開して参ります。
© 2019 東京都隊友救護赤十字奉仕団
Powered by Webnode
無料でホームページを作成しよう!